車の買取で難しいのが低年式車の扱いです。維持費用を考慮して

車の買取で難しいのが低年式車の扱いです。維持費用を考慮しても価値のある希少車であれば、状態が良ければ買い取りしてもらえる可能性があります。 続きを読む →

中古車査定において、へこみやキズがある車

中古車査定において、へこみやキズがある車は査定額が下がるのが普通です。でも、それを避けようとして前もって個人でへこみやキズを直すことは勧められません。 続きを読む →

できるだけ多くの買取業者に見積りを出し

できるだけ多くの買取業者に見積りを出してもらうことは、高値で車を売却する秘訣といえます。とはいうものの、何社以上なら絶対に良いなどという基準はなく、3社の結果で満足する人もいれば不満が残る人もいるので、主観が入る部分もあるかと思います。 続きを読む →

持ち帰りなしで、即日査定してくれる買取業者もいます。

持ち帰りなしで、即日査定してくれる買取業者もいます。

早くお金がほしい人にとってはありがたい話ですが、査定を急いでいるのがわかると後で何かとトラブルの原因にもなりますのでできるだけ多くの業者の査定を受けた方がいいでしょう。 続きを読む →

車の買い換えですが、最近では、専門の買い取り業

車の買い換えですが、最近では、専門の買い取り業者を利用する人が多くなってきているようです。

その際、気を付けておきたい点があり、事故歴や修理歴について、相手にきちんと伝えておかないとどうなるか、です。 続きを読む →

トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の

トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、1万キロ前後と想定されています。

そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、5万を境にどんどん査定は減点されていき、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうと金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。 続きを読む →

買取希望の車の査定基準は、車の年式や走

買取希望の車の査定基準は、車の年式や走行距離の程度、内装やボディーの傷などの有無や事故歴の有無などです。

この確認項目のうちで外装および内装は、買取査定してもらう前に個人でしっかりと清掃を行っておくことで幾分査定額は高く出ると予想されます。 続きを読む →

故障して動かない車を廃車にしようと思うと、

故障して動かない車を廃車にしようと思うと、数万円の金額がかかりますから、専門の不動車買取業者を探して買い取ってもらったほうがいいです。ネットで調べると、専門で動かなくなった車の買取をしている業者が探せます。 続きを読む →

走行距離が長いと、車査定ではマイナス要因となります

走行距離が長いと、車査定ではマイナス要因となります。

おおむね、10万キロを超えると、高く売れるはずの高級車でも査定価格ゼロの可能性を考えて良いです。 続きを読む →

買取会社に査定をお願いするときに入り

買取会社に査定をお願いするときに入り用になる書類について述べると、車検証、及び自賠責保険証明書の2通のみなので、あれこれ必要書類をかき集めることはしなくて大丈夫でしょう。

しかしながら、査定した車を売却するとなると名義変更が必要ですから、更に、自動車税納税証明書、印鑑証明書など少々複雑ないくつかの書類が必要になるのです。 続きを読む →